スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
● 重い罪 。
    「命の重さ」





『 近所に住むおばあさんが三月十日に、

東京大空襲があった頃のことを話してくれました。


 今から70年前、そのおばあさんは小学校2年生でした。

住まいは東京の渋谷駅のすぐそばだったそうです。

その頃東京は毎日のようにサイレンが鳴り、爆弾を落とされていたそうです。

そののち、これ以上被害が大きくならないようにと

渋谷駅周辺の家は取り壊されてしまったそうです。

家にロープをくくり、それを戦車で引きずり壊したそうです。


 戦争の終わったときの写真と、東日本大震災の写真は

見た目はあまり変わりません。 なにもかも無いのです。


そして 亡くなってしまった人々の命の重さも変わりません。

しかし、東日本大震災は「自然災害」で人々の命が奪われ

戦争というのは「人」が「人」の命を奪う、罪の重いことです。


 戦争を経験した方から実際に話を聞くことができるのは

私たちの世代がきっと最後です。 私たちはこのことを忘れず、

二度と戦争が起こらないように、

  起こさないように意思を受け継いでいくことが

必要だと私はおもいます。  』



      12才作文でした。




 小学校の宿題で「忘れられないこと」をテーマに

  作文を書く課題がでました。



12才という年齢ですが、戦争の怖さを身近な方から聞き

 強く心に残っているようです。




私個人もこの方をよく知っていて 


普段無口なだけに、聞いたときはなにも言葉が出ませんでした。


ぽつり ぽつりと当時のことを聞かせてくださいました。


B29が上空にくるとサイレンが鳴り、防空壕に逃げ込むのですが


その時はあまりにもその数が多く、

どうせ隠れても陳腐な防空壕などやられる、と

親戚一同がひとつにまとまり、

家の物干し台から空をずっと見上げていたそうです。

夜なのに空は明るく家が燃えている光景は

今でも忘れられないと言います。

当時2年生だったそうですが明るい空をみながら

「ここでみんなと死ぬのか」と覚悟をしたそうです。


戦争を経験していない私、この言葉で胸がバリっと鳴りました。

テレビで戦争のことをたくさん見聞きしますが

この張り裂ける音は鳴ったことがありませんでした。



7、8才で死を覚悟することがどれほどのことだったか。


平和な時代を生きてきている私には測りしれませんし


経験していないので「戦争は怖い」と声を大にして言うこともできません。


ですが、この方にお話をしていただいて改めておもいました。


   「生きていることは素晴らしい」 と。


せっかく生かされているのなら、精一杯生きよう、と。





 その方はその後埼玉の川越市に疎開し今に至ります。




 
 話を聞きながら、私の顔がどんどん暗くなってゆくのが

 わかってしまったのでしょうか。  



 「そうそう、私の母ね、若い頃渋谷駅で

  しょっちゅうハチを見てたのよ。

  生ハチ公よ~。 本当に待っていたのよ~。


  東大に出来たハチと上野博士の像、アレいいわね~うふふ」


と溢れんばかりの笑顔を向けてくれたときには


  おもわず抱きつきたくなりました。




 
今日は、どんな条件、状況であろうとも

命は一番大事なんだってことをこの歳で改めて感じ

ダラダラ過ごしていた自分を反省したり頑張ろうっておもったり

いろんなことを考えたんだよ~っていうお話~。






にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
文だけですみませんー









 
スポンサーサイト
[2015/03/12 00:01 ] | 作文 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top
<<● 全身80パーセント 。 | ホーム | ● 〇〇中毒 。>>
コメント
うん。うん。
一生懸命生きる!
[2015/03/12 10:12] | URL | モップ母 #- [ 編集 ] | page top
✿モップ母さん✿

 こんにちはー(´∀`)

 んだ、んだ。 がんばっぺ✩ 

  がんばっぺーーーー✩
[2015/03/12 14:54] | URL | 甘辛煮子 #- [ 編集 ] | page top
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/03/12 20:27] | | # [ 編集 ] | page top
✿カギコメさん✿

 こんばんは✩ 

いえいえ、ワタシだってだいそれたことは言えないのです。 でも、やっぱり直接聞くのとメデイアからの情報では受け止め方が全く違いますね・・・。 全身、硬くなりました。 絶対繰り返してはいけない、ですよね・・・・。

カステラを愛犬にあげてしまうおばあさまの気持ち、うんうん、わからなくもないです。だってかわいいとついあげたくなりますものね(#^.^#) 
つたない文で、おばあさまたちのお話を気持ちよく聞けたなんて、ほんとうにこちらこそありがとうございます✿ 88才かー。
いい数字ですね♡ 末広がり、末広がり♡
どうぞ長生きして200才あたりで妖怪の域に達してほしいですヽ(*´∀`)ノ

ちなみに主人のおばあちゃんは101才。
三桁すごーーーい。ですよね✩ 
[2015/03/13 20:40] | URL | 甘辛煮子 #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://namira229.blog.fc2.com/tb.php/1248-05b27602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。